【電気炉】ペインターズキルンSVの故障、修理について

※これまでの電気炉についての記事はこちら

(ペインターズキルンSVの情報、使用感、困ったこと等、詳しく記載しています)

 

3年10ヶ月使用した電気炉(ペインターズキルンSV)が故障しました。

先日、修理が完了し、電気炉が返ってきましたので、一連の流れを記録として残したいと思います。

 

 

電気炉が故障した時の様子

この日は焼成温度を800度に設定し、いつものように焼成をスタート。

 

焼成開始から1時間45分ごろ経ったころ、突然ブザーが鳴りました。

急いで、電気炉の様子を見にいくと、「F1」のエラー表示がでていました。

 

(取り扱い説明書の画像をお借りしております)

 

取り扱い説明書によると、エラー表示「F1」は「温度上昇不能」を意味するとのこと。

その時の炉内の温度表記は700度で、目標温度の800度に到達しないまま、焼成がストップした状態でした。

(このとき焼成していたものが生徒様の作品ではなくて、本当に良かった...><)

 

その後、キルンアート協会に電話し、状況を伝えたところ、「電気炉の電源を落として、コンセントも抜き、電気炉の温度が下がるまでそのままに」とのことでした。

 

電気炉は熱線が切れている可能性があるので、キルンアートに送り、内部を点検・修理していただくことになりました。

 

修理依頼から電気炉返却までの流れ

故障したその日に配送の手配していただき、配送業者さんが電気炉を引取にいらっしゃいました。

梱包などは全て業者さんが行ってくださいます。配送料は修理費とまとめて、キルンアートに後払いでした。

(ちなみに、電気炉のサポート案内に記載されていた出張での修理対応はできますか?と尋ねたところ、やはり福岡までは難しいとのことでした。)

 

その後、電気炉を送ってから6日後に修理が完了したとの連絡をいただき、無事に返却となりました。

↓ このように梱包されて返ってきました。

 

故障した原因、電気炉使用時の注意点

点検の結果、電気炉の故障の原因は「内部の熱線が切れたため」でした。

↑ 請求書に同封されていた「キルンアート電気炉点検診断書」です。

片方の熱線が断線しており、パネルヒーターの交換をしていただきました。

 

熱線とは電気炉内部の壁に埋め込まれている部品です。

 

熱線が切れる予兆はありますか?やはり突然、断線しまうものでしょうか?
残念ながら、ありません。

熱線は消耗品であるため、使用頻度が高ければ消耗も早くなります。

使用方法や焼成環境によって違いはありますが、使用回数の割には少し早く断線してしまっていますね

キルンアートのご担当者様

 

電気炉の使用方法で気をつけることはありますか?
電気炉を連続して使用しないようにしてください。

電気炉は40度以下まで温度が下がれば作品を取り出せますが、その後も熱線は熱をもっています。

そのまま連続して使用すると熱線の消耗が進みますので、一旦電気炉を休ませてから次の焼成をするようにしてください。

キルンアートのご担当者様

 

 

分かりました。焼成後は1日ほどあけてから、次の焼成を行うようにします。
熱線のほか、もし何かのトラブルで電気炉の焼成が途中で止まってしまった場合でも、正しい温度で再び焼成を行えば、作品はきちんと完成しますので、そこは安心してくださいね。
キルンアートのご担当者様

 

修理にかかった費用について

点検料 3,500円

パネルヒーター(両側)6,800円

パネルヒーター交換工賃 2,100円

配送料(福岡⇔東京)13,000円

消費税 2,540円

修理費は合計 27,940円でした。(ご参考まで)

 

修理費用の概算は、あらかじめキルンアートの方から教えていただけます。

-コラム記事, 電気炉

© 2024 福岡市東区 お稽古サロンPearlGrace(パールグレース)レザーイデー、ポーセラーツ Powered by AFFINGER5