使用している撮影背景シートについて

撮影背景シート

 

撮影背景シート

撮影背景シートとは、作品撮影の際に背景として使用するアイテムのこと。

 

SNSやネットショップの普及により、より「映える」写真を撮影することが求められ、たくさんの撮影背景アイテムが販売されるようになりました。

販売されている名称も、「背景シート」や「撮影用バックペーパー」、「スタイリングボード」など様々です。

 

私が持っている撮影背景アイテムがこちら。

 

現在は、①スタイリングボード、②シーンスクリーンペーパーを主に使用しています。

③100円ショップのリメイクシート、④壁紙は、今は使用していません。その理由は後述いたします。

 

①スタイリングボード

STUDIO-STYLE様のフォトスタイリングボード。(Amazonで購入しました)

ダークストーン/ライトストーンのリバーシブル、Lサイズです。

Amazon | STUDIO-STYLE フォトスタイリングボード <写真撮影用背景ボード>  ストーン(ダーク/ライトテクスチュア)Lサイズ | STUDIO-STYLE | バックペーパー・背景布

 

この無機質なデザインは合わせやすく、写真に立体感を与えてくれる優れもの!

 

ボードタイプについて

ココがおすすめ

・厚みと硬さがあり、しっかりしている

・シワや折り目ができることはない

・少しの水滴くらいならシミにならない

・立てかけて壁面のデザインとしても使用できる

(購入したボードは、さらにここが◎)

・印刷ではない、リアルなざらざらとした質感が写真に立体感を与えてくれる

・リバーシブルなので2種類の背景が楽しめる

・ボードタイプのなかでは比較的安価な商品

デメリット

・紙の背景シートのように丸めて収納はできない(厚みと重さがあるので、立てかけて収納する)

・ボードタイプは紙タイプより値段が高い

 

②シーンスクリーンペーパー

SLICE DESIGN様のシーンスクリーンペーパー。

購入したのは、ウッドテラス/ブラン、マーブルストーンスクリーン/グレイッシュ、漆喰/胡粉色の3枚です。

SLICE DESIGNオリジナル撮影背景紙『シーンスクリーンペーパー』/通販/スライスデザイン|【公式】SLICEDESIGN ONLINE STORE

お写真お借りしております↓

  

 

厚手の高品質紙タイプについて

ココがおすすめ

・柄の種類が豊富

・他社からも同じような製品が販売されており、選択肢が多い

・ボードタイプよりも安価

・丸めて収納できる、軽量

デメリット

・収納時にシワや折り目がつかないよう気を付ける必要がある

・壁面のデザインとしても使用できるが、壁にテープなどで貼る必要あり

・水濡れには注意

 

 

③100円ショップのリメイクシート

撮影専用アイテムを購入する前は、100円ショップで販売されているリメイクシートを、100円ショップのボードに貼って使っていました。

 

リメイクシートについて

ココがおすすめ

・100円ショップやホームセンターで簡単に購入できる

・安価なので、挑戦しやすい

デメリット

・ボードに貼る作業が必要

・ボードに貼る際に空気やシワが入ることがある

  

シールタイプのリメイクシートをボードに貼っていくのですが、どうしてもシワができてしまいました > <

シワが目立たないように撮影することが面倒で、使用しなくなりました。

 

④壁紙

壁紙も色々と購入しましたが、いま手元に残しているものはこれだけです。

他の撮影背景アイテムが増え、自分の撮影スタイルが定まってきたので、思い切って整理しました。

   

壁紙について

ココがおすすめ

・種類がかなり豊富で、値段も安価

・1mなどで切り売りされているので、サイズが選べる

・ボードに貼ってみたりと加工もできる

デメリット

・収納時にシワや折り目がつかないよう気を付ける必要がある(材質にもよるが、撮影用の高品質紙タイプより弱い)

・壁面のデザインとしても使用できるが、壁にテープなどで貼る必要あり

・水濡れには注意

 

壁紙を購入した壁紙屋本舗様では、撮影背景として壁紙を使用する方法を詳しく紹介されています。

とても参考になりました^^

ワンランク上の写真を撮るための「撮影背景」まとめ~壁紙・粘着シートなどを使ったアイデア特集~ – 壁紙屋本舗 (kabegamiyahonpo.com)

-コラム記事

© 2024 福岡市東区 お稽古サロンPearlGrace(パールグレース)レザーイデー、ポーセラーツ Powered by AFFINGER5