爽やかチェックのプレート/簡単!一度焼成でつくる金盛り風/おすすめの上絵の具ゴールド

爽やかチェックとレモンのプレート。

このプレートで朝ごはんを食べたら、なんだか元気が湧いてきそう。

 

チェック柄は好みの転写紙がなかったので、絵の具で色をつくり、ほわほわ〜としたチェックを描いています。

単色転写紙で作るよりもラフな感じに仕上がります。

 

 

このチェック柄は、旧ポーセラーツインストラクターコースで使用するあるものを使って絵の具を重ね、チェック柄を表現しています。

 

スキルアップレッスンで学んだ「ペイントアートとチェック模様のデミタスC&S」の技法です。この技法を学んだときは、この溶剤がこんな使い方もできるなんて!と、創造性の広がりにわくわくしました。

 

 

リムの内側には絵の具で金盛り風のドットを入れました。

 

通常、金盛りの工程は①盛りをして焼成、②金彩をして焼成となります。

 

今回のやり方は、スタイラスでちょんちょんっとドットを入れるだけ。

使用するものは絵の具のみ、一度焼成で完成します😊

初心者の方でも気軽にでき、かつ一度焼成で完成する方法です。

 

 

 

 

ちなみに、皆さん上絵の具のゴールドはどれをお使いですか?

 

 

私は、生徒時代に購入した上絵の具色見本の「無鉛メタリックゴールド」を使用することが多かったのですが、あるスキルアップレッスンで「メタリック絵の具アンティークゴールド」を知ってから、雰囲気に合わせて使い分けるようになりました。

 

左が「メタリック絵の具アンティークゴールド」、右が「無鉛メタリックゴールド」です。

※キルンアートから画像をお借りしています

 

重厚感を求めたい時は「メタリック絵の具アンティークゴールド」を、

軽やかな雰囲気にしたい時は「無鉛メタリックゴールド」を選ぶようにしています。

 

※「メタリック絵の具アンティークゴールド」は、品名に無鉛と入っていませんが無鉛タイプのようです。

 

今回の金盛り風ドットは、より金彩っぽく仕上るために「メタリック絵の具アンティークゴールド」を使用しました。

雰囲気によって絵の具を使い分けると、さらに作品に深みがでます。

 

-My work

© 2024 福岡市東区 お稽古サロンPearlGrace(パールグレース)レザーイデー、ポーセラーツ Powered by AFFINGER5