アクセサリートレー/ポーセラーツでインテリア小物をつくるときに意識していること

グレージュの単色転写紙と、千鳥格子柄を重ねて。

 

パウダールームにある、この白磁。

手を洗う際に外したアクセサリーをここに置いています。

 

ホワイトの千鳥格子転写紙は背景の色によって表情が変わり、

この転写紙を使うたびに、色選びの楽しさを教えてくれます。

 

 

(同じ千鳥格子転写紙に、ブルーとパープルを合わせた作品)

ポーセラーツでインテリア小物をつくるときは、

あまり冒険はせず、シンプルに、「自分の日常に馴染むこと」を意識しながら、デザインを決めています。

「食器」は食事ごとに異なるデザインを楽しむことができますが、

「インテリア小物」を1日に何度も入れ替えることは少ないと思います。

季節で変えたり、イベントに合わせてみたりするくらいでしょうか。

 

作品単体でデザインを考えるのではなく、その作品のある空間全体を想像すること。

 

空間に合うように色やデザインを吟味したポーセラーツ作品は、完成した瞬間から、あなたの日常に寄り添ってくれるはず。

 

自分の手でつくったポーセラーツを飽きることなく、永く愛用していきたいものです。

 

-My work

© 2024 福岡市東区 お稽古サロンPearlGrace(パールグレース)レザーイデー、ポーセラーツ Powered by AFFINGER5